ホーム >>最新情報
ロレックスを全面的に引き上げ産時計の精密度

ロレックスは昨年のバーゼル表展で搭載3255発表新しい自制ムーブメントの新型Day-Dateよんじゅうmm腕時計の同時に、発表で運用してこの新しい時計や3255ムーブメントの中で、精密度を超えC.O.S.C .の最新の内部認証の基準には、毎日の誤差は-に/ +に秒。そして先日、ロレックスそっとこの認証の基準を採用しSuperlative Chronometer Certificationまで延びているすべての表の中で、このロレックスと未来のすべてのカキ式型や彻里ブリタニア腕時計は出荷前に毎日誤差を通じだけ-に/ +に秒の厳しいテスト基準内。

ロレックスコピー精密度に持って妥協のない堅持して、1970年代以降毎年取得してC.O.S.C .スイス公式天文台認証の表の数が年々居冠。そしてすべてを通じてC.O.S.C .位でBielとSaint-Imier 2か所の実験室の認証のムーブメント、返してロレックス工場装殻後も、表の形でまた一度基準の厳格化の工場として内部検出ルーチンC.O.S.C .認証の補充、つまり面盤に「Superlative Chronometer Officially Certified」と書かれの意味。



前ページ: どのように購入し、リスクヘッジのぜいたくスーパーコピー時計
次ページ: アインシュタインの脳の複雑な腕時計、紹介!